原告ら、協議打ち切り意見書提出の国を批判 諫干差し戻し控訴審

 国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)を巡り、国が漁業者側に潮受け堤防排水門の開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟の差し戻し控訴審で、国側が和解に向けた協議の打ち切りを求める意見書を提出したことを受け、原告の漁業者や佐賀県は国の姿勢を批判した。

 開門を求める原告の一人、大鋸武浩さん(51)=太良町=は...

残り 214文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

佐賀県の天気予報

PR

PR