台風14号、夕方に九州上陸か 九州のほぼ全域が強風域

 台風14号は17日正午現在、長崎県五島市の北西約90キロにあり、時速20キロで東北東に進んだ。九州のほぼ全域が風速15メートル以上の強風域に入っており、同日夕方にも九州北部に上陸する恐れがある。台風に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、気象庁は大雨や暴風、うねりを伴った高波に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、18日正午までの24時間予想雨量は福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎150ミリ▽鹿児島120ミリ。予想される最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。

 台風は17日正午現在、中心気圧990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートル。

 台風の接近に伴い、JR西日本は山陽新幹線博多-広島間で同日午後1時以降に計画運休。JR九州は、博多と九州各地を結ぶ特急列車を一部運休している。在来線も筑肥線や大村線で運転を見合わせている。(梅沢平、森井徹)

関連記事

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR