「工藤会トップ判決は通過点。目標は壊滅」警察の現地本部が全体会議

 特定危険指定暴力団工藤会トップで総裁の野村悟被告(74)に死刑判決が出たのを受け、福岡県警暴力団対策部の北九州地区暴力団犯罪捜査課は17日、現地本部の役割がある小倉北署で全体会議を開き、今後も手を緩めずに捜査を加速していくことを改めて確認した。

 捜査員約70人が出席。山口正文課長は「今回の判決は通過...

残り 181文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR