ふわふわ、何の赤ちゃん? #この一枚

 福岡県久留米市東櫛原町の市鳥類センターで8月上旬-中旬に、3羽のフラミンゴの赤ちゃんが相次いで誕生した。生後1カ月ほどだが、既に片足立ちをするなど、すくすく育っている。

 センターでは、薄いピンクの羽毛のチリーフラミンゴと、鮮やかなオレンジ色のベニイロフラミンゴを飼育している。

 今回の幼鳥3羽の種類は不明で、2種の雑種の可能性もあるという。

 卵からかえった直後は、手のひらに収まるほどの大きさだった。今では体長約50センチになった。体の色は、真っ白な羽毛にピンクの足から、灰色の羽毛に黒い足に変化した。

 センターによると、成長するにつれて、成鳥の色に近づくという。

 (玉置采也加)

福岡県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR