1945年7月26日午後11時ごろ、空襲警報が鳴り響き、焼夷弾の雨が大牟田を襲った

 1945年7月26日午後11時ごろ、空襲警報が鳴り響き、焼夷(しょうい)弾の雨が大牟田を襲った。その母親は子ども4人を連れ、祇園神社横の芋畑に向かった。途中で高い垣根が行く手を阻む。16歳の長女しか乗り越えられなかった。垣根ごしに「母ちゃん、母ちゃん」と呼ぶ長女に、母親は「逃げんね」と叫んだ▼その...

残り 224文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR