車中泊用ベッドを開発 佐藤工業所(福岡県筑紫野市) 佐藤晃寿社長

 金属加工を手掛け、主にユニットバス架台を製造する。取引の大部分を1社に頼ってきたが、新型コロナウイルス禍で受注は約3割減。「複数の製品がないと生き残れない」と、技術が生かせる独自製品の検討を始めた。キャンプなど車中泊用の簡易ベッドに着目、競合が少ない軽自動車向けに開発を進める。

 企画・開発には会...

残り 159文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR