九州・沖縄のコロナ倒産200件に 増加ペース早まる

 東京商工リサーチ福岡支社(福岡市)は17日、九州・沖縄地区における新型コロナウイルス関連の倒産件数が200件に達したと発表した。コロナ関連倒産は昨年3月の初確認から11カ月で100件に達し、その後7カ月で200件となっており、増加ペースが早まっている。

 今月16日時点の数値で準備中の6件を含む。...

残り 337文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR