「コロナと経済で論戦を」自民総裁選告示、大分県民の声

 菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選が17日、告示された。大分県内でも注目が集まり、立候補者4人に対して、新型コロナウイルス経済対策を巡る論戦や政策の確実な実行を求める声が県民の間で聞かれた。ただ「誰がなっても党の体質は変わらない」との意見もあった。

 4人は河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会...

残り 954文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

大分県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR