『おもわず おもわず』 えがしらみちこ著

 小さなお子さんやお孫さんがおられるご家庭は、ぜひ読み聞かせをしてもらいたい絵本だ。それぐらい言葉のリズムが素晴らしく、ページをテンポ良くめくることができる。描かれるのは、興味の対象を見つけたら思わず体が先に動いてしまい、親はヒヤヒヤするという、幼児には付きものの日常。フェンスによじ登り、道路に飛び...

残り 83文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR