『明治国家と柳田国男』 菊池清麿著

 民俗学者として知られる柳田国男(1875~1962)は明治政府の官僚として農業の近代化にも尽力した。優秀な官僚はなぜ、文明開化の光の中で影に追いやられようとしていた地方の「民俗」に傾倒していったのか。著者は官僚として農村各地を視察しながら、...

残り 80文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR