『ふだん使いの言語学「ことばの基礎力」を鍛えるヒント』 川添愛著

 九州大大学院で学んだ気鋭の言語学者である著者が、日常書いたり、口にしたりしている日本語について、理論言語学の知見から分析を加える。日常の言葉遣いを意味や文法の面から見直す1章、2章も面白い。しかし...

残り 120文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR