『他者の靴を履く』ブレイディみかこ著 言葉から思想へ、その背景へ

 2019年、同じ著者による『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が出たとき、書いた本人がたじろぐほど読者の反響が大きかったのは、「エンパシー」について触れた箇所だったという。前掲書には、著者の息子がエンパシーを「他者の靴を履くこと」と表現するシーンが出てくるが、もしかして日本の読者は日本語...

残り 673文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR