今森光彦著『小さな里山をつくる』 なんでもないところに美が

 自然と人の営みが共存する里山を手本に、30年以上をかけて、じつに75種もの蝶(ちょう)が集まる庭を作った人がいる。写真家、今森光彦。氏曰(いわ)く「チョウは環境の豊かさをはかるのにもってこい」とのこと。蝶の幼虫は種類によって食べる植物の葉が異なるため、多様な蝶がいる場所には多様な植物が生えているの...

残り 511文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR