『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 漫画に込めた妻の情念

 その昔、“漫画の神様”と呼ばれた故手塚治虫さんの講演が福岡市内で開かれ、聞きに行った。当時、ある有名漫画家がタレントとつるんで遊び回っており、手塚さんは「遊びで発散すると、いい作品を描けない」と苦言を呈した。屈折した情念や発散できないエネルギーを漫画に注ぎ込むべきだ、との趣旨だった。

 本作は、漫...

残り 638文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR