パッケージを変えれば…

 ある会社の役員会でこんな会話がなされた―と想像してみてほしい。

 「秋の商戦も近づいているのに、1年前に出した商品が不人気でさっぱり売れん。かといって新商品を開発するめどもない。このままでは商戦に惨敗だ。どうしたものだろうか」

 「いい方法があります。商品はそのままで、パッケージだけ派手なやつに変えるんです。まるで新商品みたいに。斬新な商品だと思わせれば、消費者は乗せられて買ってくれますよ」

 「君、そんなことで…いや、いけるかもしれん」...

残り 1115文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR