長崎4区「反北村の乱」自民県連が公認候補に現職選ばず県議選出

 自民党長崎県連は18日、党本部に申請する次期衆院選長崎4区の公認候補として、現職の北村誠吾前地方創生担当相(74)=7期目=ではなく、前県議会議長で県議の瀬川光之氏(59)を選んだ。「現職優先」を主張する北村氏は党上層部に働き掛ける意向を示しており、総裁選を経て党本部がどう最終判断を下すかが焦点となる。

 関係者によると、この日の選挙対策委員会で実施した両者への無記名投票で、瀬川氏が22対12で北村氏を上回った。瀬川氏は県連の決定後、「自民党の政治を変えてほしいという声が一番」と勝因を述べた。北村氏は「これで終わりじゃない。公認になり勝てるよう頑張る」と語気を強めた。

 長崎4区の自民公認を巡っては、北村氏の閣僚時代の不安定な国会答弁などに加え、地元への説明不足から「反北村」の動きが広がっていた。一部の地域支部のほか看護や建設業系の職域支部が瀬川氏を推す一方、選挙区内の有権者の約7割を抱える佐世保市の地域支部が北村氏の公認を求めるなど混迷した。

 瀬川氏への支持が広がったことについて、県連選対委員の一人は「北村氏では総選挙に負けるとの危機感があったのではないか」との見方を示した。党本部が8月下旬に実施した情勢調査で、北村氏が劣勢だったとの情報も伝わっていた。

 衆院選を目前に控える中、内紛のしこりが解消されるかは不透明。党本部の最終判断は今月末の新総裁決定後となる見通しで、北村氏が所属する岸田派会長の岸田文雄前政調会長が新総裁となれば「県連の判断がひっくり返される」(関係者)との見方もある。

 4区には立憲民主党の末次精一氏(58)も立候補を予定している。

 (泉修平、岩佐遼介)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR