語られない安倍・菅政権「負の遺産」…森友再調査の検討言及は野田氏のみ

 自民党総裁選は、安倍晋三前政権と、その継承を掲げた菅義偉政権をどう総括するかも焦点の一つ。18日の公開討論会では、「負の遺産」である森友学園を巡る公文書改ざん問題をどう考えるかとの質問に対し、再調査の検討に言及したのは野田聖子幹事長代行だけだった。

 「仲間が疑われているのであれば、証明もしていかなければいけない」。森友問題について野田氏はこう述べ、菅政権でも相次いだ「政治とカネ」問題でも「総理になったら仲間には誠実さを求める」として、説明責任を重視する姿勢をにじませた。

 河野太郎行政改革担当相は「調査はしっかり行われた」として森友問題の再調査を明確に否定する一方で、財務省職員が自殺に追い込まれたことを挙げ、「(遺族の)心の痛みにしっかり向き合わなければいけない」とした。

 岸田文雄前政調会長は再調査の是非について、言葉を濁した。また、日本学術会議の会員任命拒否問題を巡っては、次の会員人事で「国民に納得していただけることを考えるのが筋だ」と話した。

 「桜を見る会」問題に絡み、安倍前首相が国会で虚偽答弁を繰り返したことを問われた高市早苗前総務相は「本人が虚偽と思って説明されたわけではない」と、自身の後見人をかばった。

 (井崎圭)

関連記事

PR

PR