意見二分、紛糾の末 衆院4区、自民県連が瀬川氏を推薦決定 北村氏「現職優先」崩さず

 次期衆院選長崎4区の自民党公認争いを巡り、党県連の選挙対策委員会は18日、県議の瀬川光之氏(59)を党本部に推薦することを決めた。現職の北村誠吾氏(74)は党本部の「現職優先」の方針を強調し、一歩も引かない考えを示した。県連内では意見が二分しており、党本部の早急な判断を求める声が上がった。

 「議...

残り 562文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR