米軍、アフガン誤爆認め謝罪 民間人10人死亡は「悲劇的ミス」

 【ワシントン金子渡】米中央軍のマッケンジー司令官は17日、8月29日にアフガニスタンの首都カブールで実施した無人機による攻撃が完全な誤爆だったと認め、全面的に謝罪した。空爆では子どもを含む民間人10人が死亡。バイデン政権は駐留米軍のアフガン撤退後のテロ対策について、無人機を駆使した作戦を実施すると...

残り 931文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR