発見!九州最大の滝

1940年の大相撲夏場所。横綱双葉山は11日目を終えて7勝4敗の不調。心まで折れたのか「引退」さえ口にする状態だったが、周囲が押しとどめて何とか途中休場にしたという▼双葉山は今の福岡県那珂川市に向かった。山にこもり、滝に打たれること数週間。再出場した翌場所を含め、さらに5回の優勝を飾るまでに復調した...

残り 427文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR