福岡で165人新たに感染

 福岡県は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに165人確認され、80代の女性1人が死亡したと発表した。25日連続で前週の同じ曜日を下回った。

 感染確認の内訳は福岡市61人、北九州市23人、久留米市7人、県74人。那珂川市の有料老人ホーム「ひばり苑」で利用者と職員の計10人の陽性が確認され、県は新たなクラスター(感染者集団)に認定。福岡市でも南区の整骨院で従業員5人が陽性となり、新規クラスターと認定された。

 熊本県では65人が感染。御船町の御船昭和保育園で園児ら計18人の感染が確認されたとして、県はクラスターと判断した。大分県は24人の新規感染と、県内で療養中だった高齢者2人の死亡を発表した。佐賀県で7人、長崎県で14人、宮崎県で12人、鹿児島県で15人の感染が確認された。

福岡県の天気予報

PR

PR