長崎とリオ・デ・ジャネイロ 田川基成 【随筆喫茶】

 16世紀から国際貿易港として発展してきた長崎の街。海岸から屹立(きつりつ)したあらゆる山の斜面に、へばりつくように住宅が密集する。平地のない狭い入り江に都会を押し込めたような独特の景観は、日本では他のどんな街にも見られないと言って良いだろう。長崎を訪れた人に強烈な「異国情緒」を想起させるのも、この...

残り 1412文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR