中国版「リーマン・ショック」の懸念 不動産大手が巨額債務

 【北京・坂本信博】中国の不動産大手、中国恒大集団が巨額の債務を抱え、経営危機に陥っている。不動産バブルを抑制する中国政府の融資規制によって資金繰りが悪化。数千社の連鎖倒産が起きかねず「リーマン・ショック級の問題になる」との見方も出ている。中国政府は過去最大級の経営破綻を警戒し、指導に乗り出している。...

残り 870文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR