タイムスリップ 松田ときの

 あれはもう60年も前のこと、のくだりから、昭和そのまんまの佐世保の風景にすんなりタイムスリップしたひとときでした。10日付朝刊の岩松了さんの随筆「あなたに似た人」を読んでのことです。

 五島列島北部の小値賀に帰省する折、船の待ち時間があると玉屋へ行きました。博多にも玉屋はあったけど、やっぱり佐世保...

残り 350文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR