大きな悲嘆から立ち上がる

生きるに寄り添う デイホスピスの15年(14) 岩崎瑞枝さん寄稿

 Iちゃんママと出会ったのは大学病院でした。Iちゃんは肺動脈閉鎖症を合併したダウン症の女の子。小児科病棟でボランティアをしていた私は、お母さんが少しの間リラックスできればと手足のマッサージ「ハウトケア」を行ったのです。程なくしてIちゃんの症状は悪化。入退院...

残り 809文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR