コロナ禍、小説で何をどう書く 北九州市で東アジア文学会議

 日中韓の文学者が集う「東アジア文学会議」が20日、北九州市小倉北区の北九州国際会議場であった。北九州ゆかりの村田喜代子さんや平野啓一郎さんら作家7人によるシンポジウムでは、異常気象や新型コロナウイルス感染拡大といった地球規模の危機に対し、文学に何ができるかについて意見が交わされた。...

残り 381文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR