コロナ禍の市民活動、企業が支援 閉鎖の公共施設に代わり部屋貸し出し

 新型コロナウイルス感染拡大で公共施設が度々閉鎖されるため、社会福祉の充実や安心安全の実現に向けた市民活動にも支障が出ている。こうした中、福岡県久留米市では企業や病院が部屋を貸し出し、活動を支える動きが広がってきた。

 11日、同市東櫛原町の久留米ガス。地元のNPO法人「ハッピーママくらぶ」が部屋を借り、発達障害児の行動を理解するための市民講座を開いていた。...

残り 594文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR