福岡の新規感染、7月24日以来の2桁 新型コロナ75人確認

 福岡県で20日、新たに75人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日の新規感染者が2桁になったのは7月24日以来、58日ぶり。27日連続で前週の同じ曜日を下回った。感染確認の内訳は、福岡市25人、北九州市9人、久留米市6人、県35人。県は19日に陽性と公表した1人を取り下げた。

 大牟田市の福祉施設「りんどう学園」で20日発表の6人を含む利用者と職員の計11人の陽性が確認され、県は新たなクラスター(感染者集団)と判断。古賀市の五所保育園では20日発表の4人を含め園児計5人が陽性となり、新規クラスターと認定された。

 佐賀県で5人、長崎県で16人、熊本県で21人、大分県で14人、宮崎県で6人の感染が判明した。

 鹿児島県では4人の感染と1人の死亡が確認された。新規感染者が1桁となったのは、7月24日以来。

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR