歴史照らす腰岳黒曜石 古賀英毅

 今から75年前の秋。群馬県・岩宿丘陵の切り通しで、加工痕がある小さな石片を一人の若者が見つけた。それまで「日本にはない」といわれていた旧石器の発見だった。3年後、明治大の調査で正式に確認され、日本の先史時代が大幅に書き換えられた。

 この夏、発見現場に足を運んだ。切り通しには「史跡 岩宿遺跡」の石碑が立つ。...

残り 866文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR