豪雨禍超えド根性で大粒 福岡・八女黒木の無農薬ラッキョウ

 八女茶発祥の地とされる福岡県八女市黒木町笠原地区。緑豊かなこの集落で、多様な交流事業に取り組む特定NPO法人「山村塾」の小森耕太さん(45)が、仲間と棚田にラッキョウを植えたのは2012年6月のこと。

 「年齢的にお米作りが難しい高齢者も、ラッキョウなら植え付けや収穫後の切りそろえといった軽作業で仕事がつくれる」。そんな試みだったが...

残り 506文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR