「福岡都市圏の通勤圏」飯塚市の住宅地、24年ぶり上昇 基準地価

 福岡県が21日に公表した本年度の基準地価(7月1日時点)では、飯塚市の住宅地が24年ぶりに上昇、桂川町と直方市では約20年ぶりに横ばいへ転じた。工業地や商業地でも複数の市町で上昇した地点があるなど、回復の兆しが見られた。 (長美咲)

 飯塚市の住宅地では、基準地21カ所中11カ所で上昇した。...

残り 828文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR