福岡県の基準地価、平均6年連続アップ 上昇率高い福岡都市圏

 福岡県が21日に発表した県内の基準地価(1平方メートル当たり、7月1日現在)によると、県全体の平均変動率は前年と比べて1・9%増と6年連続で上昇した。住宅地、商業地いずれも福岡都市圏の上昇率が高く、工業地は堅調な物流用地需要を背景に、宮若市が2006年の合併後初めて上昇、朝倉市やうきは市、志免町は上昇幅が大きく拡大した。...

残り 642文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR