「真の幼児教育とは」薬害肝炎訴訟の傍ら続けたライフワーク、一冊に

 薬害C型肝炎訴訟で全国原告団代表を務めた福岡市の山口美智子さん(65)が、訴訟活動の傍ら大学院で学び、以降もライフワークとして続けた研究を「私の幼児教育政策論」として出版した。薬事行政の過ちを問いただし、政治を動かした経験も踏まえ「子どもたちの幸せを保障する真の幼児教育はどうあるべきか、問題意識を抱いてもらえれば」と話す。...

残り 498文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR