政治権力の演劇性 「見世物」へと変貌する国家

【人類学者のレンズ・松村圭一郎 】

 自民党総裁選で誰が次の首相の座を射止めるのか、関心の的となっている。東京オリンピック・パラリンピックが終わったと思ったら、また別の舞台上のドラマがはじまったかのようだ。「選挙に勝てる顔を選ぶ」。そんな言葉を聞くと、政治家の仕事って何なのか、そもそも「政治」とは何をすることなのか、よくわからなくなる...

残り 1583文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR