鷹二枚看板、ロッテに挑む 10失点以来の千賀「嫌なイメージない」

 ソフトバンク千賀滉大投手(28)が22日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)に先発する。左足首の故障からの復帰戦として同球場で登板した7月6日の対戦は三回途中10失点。悔しさの残る一戦以来のマウンドに「嫌なイメージはない」と言い切った。

 当初は20日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)に中5日で先発予定だったが、18日の同戦が中止になった影響で、中7日で首位のロッテ戦に登板。「チームが勝てるように」との思いで迎える。

 千賀はこの日、全体練習に参加した。エースの動きを見守った工藤監督は「体も心も良い状態」と信頼を寄せる。2戦目はマルティネスが先発。9ゲームも離れるロッテに対し、二枚看板で望みをつなぐ。 (鎌田真一郎)

関連記事

PR

PR