覆面レスラー議員の写真、掲載を容認 大分市議会「コロナ対策優先」

 覆面レスラーで大分市議のスカルリーパー・エイジ氏(52)が市議会のホームページ(HP)や広報誌に覆面姿の写真の掲載を求めている問題で、市議会は22日の議会運営委員会で掲載を認めると決定した。

 市議会は「(議場や委員会室では)帽子、外とうなどを着用してはならない」とする議会規則に基づき、覆面姿での入場は認めていない。広報誌とHPも本会議などの様子を広報する趣旨があるとして、掲載を認めてこなかった。

 エイジ氏は3月末、掲載を求めて市議会に申し入れ。6月末には、議員になって8年間、市議会が広報誌などに覆面姿の写真掲載を認めなかったことで精神的苦痛を受けたなどとして市に写真掲載と500万円の損害賠償を求め、大分地裁に提訴していた。

 議運での決定後、藤田敬治議長は取材に対し「広報誌5月号に掲載予定だった新議員紹介が延期されるなど影響が出ていることや、新型コロナウイルス対策など議論すべき課題がほかにある」と述べ、「議会規則と広報誌などでの取り扱いを切り離して考えることにし、容認とした」と説明した。

 エイジ氏は「当たり前のことがようやく認められたが、理由や時期については納得できない部分がある」と話した。(井中恵仁)

関連記事

大分県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR