手塚治虫、博多で脱皮す

 手塚治虫さんの「虫られっ話」という対談集に、福岡市博多区中洲の酒場をはしごした思い出話がある。「鉄火肌の女性にほれちゃいまして」とでれでれに照れて、やれその女性は宝塚スターの月丘夢路さんそっくりだっただの、前の店で生まれて初めて生ウニを食べて興奮したせいだのと、楽しげに語っている。

 おそらく1957年1月のことで、中洲を案内したのは西日本新聞の文化部記者と思われる。...

残り 914文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR