「再生エネ最優先」評価、〝斜陽〟の原発さらに衰退 大島教授に聞く

 「今度のエネルギー基本計画は非常に大事になる」。コストが高い原発の構造的な問題点を指摘する龍谷大の大島堅一教授(環境経済学)は今回の計画改定にあたり、市民向け講座などで関心を持つよう呼びかけた。改定案への評価を聞いた。 (聞き手は石田剛)

 -計画は3年に一度見直されるが、今回の改定を重視するのはなぜか。

 「2050年の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする国の目標を受け、...

残り 1005文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR