副市長退職金と市長給与の減額可決 佐伯市長選巡る公選法違反事件

 大分県佐伯市長選を巡る公選法違反事件で、佐伯市議会は22日の本会議で、罰金刑を受けた前副市長2人の退職金を減額する議案を可決した。道義的責任から田中利明市長(70)の給与を3カ月間30%減額する条例改正案は、減額期間を5カ月(減額総額132万円)とする議員提案の修正案を可決した。

 菅隆久前副市長(62...

残り 496文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR