「不祥事体質変えて」「実現できる政策を」九州の自民党員、1票の思い

 菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選は、29日の投開票まで残り1週間となった。3年ぶりとなる全国一斉の党員投票が実施される今回は、直後に衆院選を控え、世論に近いとされる党員の動向が鍵を握る。九州の党員・党友は1票にどんな思いを託すのか。

 「異端児といわれる人なら党風を変えてくれるはず」。福岡県南部の...

残り 938文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR