リズム狂った?1人暮らし 連載「霹靂の日々」(91)大島一樹

 レスパイト入院から、オクサンが先日の昼すぎに戻ってきました。休息になったのか、私の仕事が今とても繁忙なのでよく分かりませんが、負担が軽くなったのは間違いなく。病院スタッフの方々に見送られる際の「お大事に」が「またね」にも聞こえて、心強かったです。

 オクサン不在のわが家は、20代前半以来の1人暮ら...

残り 448文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR