アジアフォーカス30年 「非日常」通じて気づいた、しぼむ日本の落差

梁木靖弘さん寄稿【さらば、アジアフォーカス 映画祭の回想1】

 ご存じのように、福岡市で毎年開催していたアジアフォーカス・福岡国際映画祭が、2020年をもって幕を閉じた。1991年に始まったので、30年の命。花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だ、とつぶやくのみ。10年ひと昔ならば、30年はひと世代である。こんな規模の映画祭を、一地方都市がよく30年も続...

残り 1747文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR