高齢者サロン開けなくても…コロナ下の見守りに「地域の目」

 新型コロナウイルスの影響で、お年寄りの交流や見守り活動の実施が難しい中、高齢者サロンを展開する福岡県嘉麻市は、職員が感染対策をして自宅を訪ねたり、近くの住民が様子をうかがったりして「顔が見える関係づくり」に奮闘している。

 9月は世界保健機関(WHO)が認知症の理解を深めようと定めた「...

残り 1009文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR