佐世保発「埋没の代弁者」 戦争の記憶を音楽に乗せて

 薄れゆく戦争の記憶を思い起こしてもらおうと、長崎県佐世保市発の音楽作品「埋没の代弁者」がリリースされた。制作したのは、ドイツやロシアなどでも活動したこともある“住所不定”アーティストの唄野暁さん(41)と、福岡で「伝説」と呼ばれたメタルバンドの元メンバーで、今は佐世保市内で飲食店を経営する山口太郎さん(...

残り 937文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR