KITTE博多にワクチン集団接種会場 10月1~28日期間限定

 福岡市は24日、JR博多駅と直結する商業施設「KITTE博多」8階に、新型コロナウイルスワクチン(モデルナ社製)の集団接種会場を新設すると発表した。博多駅周辺での設置は初めて。仕事や買い物帰りにアクセスしやすい会場を設けることで、市民の接種率をさらに高める狙いだ。

 開設は10月1~28日の期間限定で、平日は午後4~9時、土日曜は午前11時~午後6時。平日で1日400人程度、土日は600人程度の利用を見込む。9月25日午前8時から、12歳以上の市民向けに予約専用サイトで受け付けを始める。

 既存の集団接種7会場と深夜接種会場の予約枠(いずれもファイザー社製)については、10月1~31日に計4万8612回分増やす。大規模な予約枠追加は最後となる見通し。

 一方、約850のクリニックで実施してきた個別接種(ファイザー社製)は、12~15歳向けを除き10月3日で終了する。ファイザー製ワクチンの大規模供給が見込めず、2回目の接種率も接種対象者の63%(23日現在)に上っていることから、集団接種に集約する。

 市は「10月末で2回目の接種率8割」と見込んでおり、高島宗一郎市長はこの日の記者会見で「最後の追い込みに入った。市民の日常を早く取り戻したい」と述べた。

 (塩入雄一郎、小川俊一)

福岡県の天気予報

PR

PR