福岡知事、まん延防止に否定的「宣言解除後は県独自措置で段階緩和」

 福岡県の服部誠太郎知事は24日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が30日の期限で解除された場合、まん延防止等重点措置への移行は必要ないとの考えを示した。一方で「これまでの努力を無にしないためにも慎重に歩を進めていくことが非常に重要」との考えを強調。重点措置ではなく、県独自措置を適用する考えを国に伝えたとしている。県独自措置でも、飲食店への営業時間短縮要請は段階的に緩和する方針。

 県庁で記者団の取材に応じた服部知事は、県内の感染状況について「各地域で大きく差がある状況ではない」と説明。重点措置は、県内で適用地域を特定することから必要ないとした。

 飲食店での酒類提供の解禁は「国の基本的対処方針を踏まえて判断したい」と述べた。

(黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

PR