九州圏の輸出、8月も増加 6ヵ月連続、コロナ前水準に

 門司税関が発表した8月の九州経済圏(九州・山口・沖縄)の貿易概況によると、輸出総額は前年同月比28・6%増の7378億円で、6カ月連続で前年を上回った。8月としては、2018年の7538億円に次ぐ水準。新型コロナウイルス禍前の2019年同月比でも7・6%増で、同税関は「持ち直してきている」とみる。...

残り 352文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR