暴力団壊滅 道半ばだが不可能ではない

福岡県暴力追放運動推進センター専務理事 藪正孝氏

 8月24日、福岡地裁は特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)トップで総裁の野村悟被告に死刑、ナンバー2の会長田上不美夫被告に無期懲役の判決を言い渡した。両被告は2014年9月、今回判決が下された元漁協組合長射殺事件で逮捕された。その後、同じく今回判決が出た元福岡県警警部銃撃や、元漁協組合長の孫の歯科医師、女性看護師に対する組織的殺人未遂事件などで逮捕、起訴され、勾留が続いている。...

残り 846文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR