消えた「厄神社」コロナ収束願い再興 飯塚市の曩祖八幡宮

 新型コロナウイルスの早期収束などを願い、福岡県飯塚市宮町の曩祖(のうそ)八幡宮では、疫病退散や厄よけを祈願する「厄神社」が再興された。コロナの感染防止のため、10月1日に関係者のみでお披露目の神事を執り行う。

 八幡宮の清掃などに取り組む「壇の上会」の会長で郷土史家の竹下茂木さん(76)によると、同八幡...

残り 363文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR