戦争体験聞き取り「命の紙芝居」30作に 大牟田で制作、上演10年超

 福岡県大牟田市で化粧品店を営む松井小百合さん(66)は、戦争体験者の話を聞き取り作った「命の紙芝居」を上演する活動を10年以上続けている。このほど節目の30作目「実枝(みえ)ちゃん」が完成した。体験者の高齢化が進み、話を聞ける機会は年々減っていく。「悲劇を二度と繰り返さないよう、戦争の悲惨さを次代に伝えたい」と言葉に力を込める。...

残り 920文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR